2018.11.10

前週の[重賞+プラス]パックは土日8戦5勝

JBC3戦3勝は嬉しいが…

 史上初の京都開催となった前週のJBC3競走。「UMAJIN+Plus」としても、全重賞+1鞍のセットで提供する[重賞+プラス]パック導入初週だっただけに、このGI3連戦は腕の見せどころだった。

前週の[重賞+プラス]パックの対象レースは、土曜が京王杯2歳S(GII)とファンタジーS(GIII)。日曜はアルゼンチン共和国杯(GII)とJBC3競走(JpnI)。

自身の結果は土曜が3戦1勝、日曜は5戦4勝。詳細は以下のとおりで、予想結果とレース回顧を解説していく。

▼[重賞+プラス]パック11/3(土)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・[プラス1鞍]京都10R 貴船S

└3連複(フォーメーション15点)△◎△
ここは1人気の◎シヴァージから入り、結果は2着。7人気1着の△ワンダーサジェス、5人気5着の△カネトシビバーチェも拾っていたのだが、フォーメーションの組み合わせが噛み合わず。アタマ差の2人気4着☆ヤマニンアンプリメが3着だったら、3連複3540円的中だっただけに惜敗。軸1頭+相手6頭で同じ買い目15点という買い方もあるのだが、いかんせん伏兵が多く、フォーメーションで手広く攻めた。が。これが敗因だった。2着シヴァージは最後にハンデが響いた。取り口がうまく、現級突破は目前。
――――――――――――――――――――
・[重賞]東京11R 京王杯2歳S(GII)

└3連複(軸1頭6点)△◎-不的中
軸は1人気◎アウィルアウェイ。日曜のJBC3競走の馬券代を考慮し、相手4頭の買い目6点で押さえて挑んだが、これが裏目に。6人気3着のカルリーノを、悩んだあげく“消し”と判断してしまった。ちなみに5人気4着のココフィーユも、じつは迷っていた1頭。ここは自身の“嗅覚”を信じきれなかったのが敗因。2着に敗れたアウィルアウェイは、出負けして直線はイン突き。ハナ差まで詰め寄ったのは優秀だが、ファンタジストの立ち回りのうまさに劣った。出負けと力みは改善されず、今後も展開に左右されそう。
――――――――――――――――――――
・[重賞]京都11R ファンタジーS(GIII)

└3連複(軸1頭6点)◎△△2370円的中
どう見ても“1強”の判断で◎ダノンファンタジーが軸。確勝を信じていたが、本馬の1着固定で3連単は売れると判断して3連複勝負に。結果、3連単は5890円と安く、逆に3連複は2370円と好配当に。6点買いだったため、回収率は395.0%。2着に4人気△ベルスール、3着に6人気△ジュランビルが入ったことでオッズが跳ねた。前走・ききょうSで3着に敗れていたジュランビルが、意外と低評価だったのは嬉しい誤算。ダノンファンタジーは圧勝レベルではなかったが、千四は若干忙しい。千六なら次も主役候補。

▼[重賞+プラス]パック11/4(日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・東京10R 晩秋S

└3連複(軸1頭10点)△◎▲4010円的中
◎サトノティターンは、前走・芝へ挑んで4着。ここは多少なりともオッズに妙味が出ると判断し、自信の“堅軸”として挑んだ。ただし、混戦メンバーだけに、ここはフォーメーションではなく、軸1頭+相手5頭の買い目で勝負。結果は、7人気△ホーリーブレイズが1着、1人気◎サトノティターンが2着、5人気▲デザートスネークが3着で、3連複4010円。勝ったホーリーブレイズは終いを生かす競馬が板についてスランプを脱出したが、オープンで即通用かは疑問。突かれながら2着に踏ん張ったサトノティターンは現級なら引き続き好走可能だ。
――――――――――――――――――――
・東京11R アルゼンチン共和国杯(GII)

└3連複(軸1頭15点)◎▲-不的中
宝塚記念を完敗し、京都大賞典を熱発で回避。◎パフォーマプロミスが3人気とオイシイ状況だった。しかし、結果は11人気3着のマコトガラハッドがヌケで不的中。4人気の○ウインテンダネスが半馬身差で4着で、これが3着だったら3連複2300円。無念。馬券の敗因はトップハンデ58.5キロのアルバートを押さえてしまったこと。マコトガラハッドの前走は、今回1人気2着の▲ムイトオブリガードが勝った六社Sで0秒2差の3着。ハンデ51キロなら押さえておきべきだった。パフォーマプロミスはこの相手で56キロなら力が違う。ただし、GIメンバーに入るとどうか。
――――――――――――――――――――
・京都10R JBCスプリント(JpnI)

└3連複(軸1頭フォーメーション15点)△◎▲3520円的中
スピードトラックの京都ならと、1人気◎マテラスカイを軸に。3連単も考えたが、ビッグレース3連戦の1鞍目。ここは慎重に3連複とした結果、◎2着で3連複が正解だった。穴馬を手広く拾いたかったため、買い方は1-3-7のフォーメーション。2列目に入れた▲キタサンミカヅキが5人気と妙味アリアリだった。△グレイスフルリープの勝因は、ルメールの絶妙な位置取りに尽きる。道中ジワッと先行し、4角ではマテラスカイを射程に。マテラスカイも負けて強しで、この着順はコンマ単位のラップで変わる。穴で狙った6人気○キングズガードは6着。この距離だと馬群を捌くのに苦労する。距離延長で狙い目。
――――――――――――――――――――
・京都11R JBCクラシック(JpnI)

└3連複(軸1頭15点)▲◎△910円的中
3、4人気と思っていたサンライズソアが1人気。“ルメール人気”もあっただろうが、ハンデ57.5キロで3着のシリウスSが評価されたか。そこで本命◎は2人気のオメガパフューム。結果的にサンライズソアも3着に健闘したのだから、3連複では「ほら見たか」と威張れるものではないが、先着できたのは嬉しい。ただ、3人気の▲ケイティブレイブが制し、3連複は安い。△ノンコノユメと△サウンドトゥルーは掲示板がやっと。結果論だが、脚質を考えれば京都なら思い切って“消し”でもよかったか。オメガパフュームは和田Jの4角のインに切れ込みながらの仕掛けが絶妙だったが、やはり3歳馬強し。ルヴァンスレーヴが末恐ろしい。
――――――――――――――――――――
・京都11R JBCレディスクラシック(JpnI)

└3連複(軸1頭15点)◎△△7060円的中
前週の[重賞+プラス]パックにおいて、自身のベストヒットがこれ。大外枠が嫌われたのか、近走着順で判断されたのか不明だが、6人気1着の◎アンジュデジールが妙味タップリ。1人気△ラビットランがキッチリと2着を確保したが、3着には5人気の△ファッショニスタ。3連複7060円の好配当にありつけた。アンジュデジールの勝因は、ここ目標にプランを組んだ陣営の戦略もあったが、レースでは横山典Jの“神騎乗”が冴えた。スタートしてすぐにラチ沿いまで切れ込んで、離れた2番手集団のインを追走。ここで脚を溜められたのが勝因だ。2着ラビットランも牝馬同士のダートなら今後も主役を張れる。


前週の結果で自己評価したいのは、本命◎が【3.5.0.0】と連対率100%だった点。2着が多く、3連複という買い方も合っていたと言える。ただ、そのぶん悔やまれるのがJBCクラシックの3連複910円。馬単が1690円となかなか付いただけに、ここは買い方が“適正”ではなかった。

さて、土曜の重賞は武蔵野S(GIII)とデイリー杯2歳S(GII)の2鞍。武蔵野Sは上位拮抗の様相だが、その人気上位陣のいずれも展開次第で取りこぼしもあり得るメンバー。デイリー杯2歳Sは9頭立てと少頭数だけに、ここはいかに点数を絞れるか、がカギになる。

日曜のエリザベス女王杯(GI)については翌日のコラムにて。

では最後に、本日のマカナイ1鞍を。

――――――――――――――――――――
▼11/10(土)本日のマカナイ1鞍

[福島7R 3歳上500万下]
4週連続“GI級”勝利中のC.ルメール。前週のJBCクラシックではGI未勝利のサンライズソアが1人気に支持されるのだから“ルメール人気”はすごい。それを3着に持ってくる手腕もあっぱれ。さて、そのルメール人気だが、逆パターンもある。前走ルメールの乗り替わりよる人気落ちだ。当レースの本命◎トロピカルストームがそれに該当。現級で2着4回3着5回は、このメンバーなら実績上位。好位差しで常に見せ場はつくるものの、突き抜けられないタイプだけに、減量騎手でもうひと押しが利けば。

◎ (14)トロピカルストーム
○ (3)ドリームスピリット
▲ (8)ウォルビスベイ
△ (1)マイネルキラメキ
△ (10)プレシャスブルー
△ (4)コロンバスデイ※
△ (6)マーヴェルズ※
※は「“穴”ライズ」特注馬

3連複(フォーメーション)

14
相手
3,8,1,10,4,6
(15点)
――――――――――――――――――――

▼関連リンク

▼本日の山田編集長【勝負レース】はコチラ
・東京01R 2歳未勝利
・東京03R 2歳未勝利
・東京06R 2歳新馬
・東京08R 3歳上1000万下・牝[重賞+パック]
・東京11R 武蔵野S(GIII)[重賞+パック]
・東京12R 3歳上1000万下
・京都09R 宝ケ池特別
・京都10R 観月橋S
・京都11R デイリー杯2歳S[重賞+パック]
・福島10R 三春駒特別
・福島11R 福島放送賞

 

▼申込者限定[100pt贈呈]無料メルマガ【+Plusナビ/開催当日9時30分配信】受付中!
└解析「的中値/回収値バロメーター」全鞍公開!
└+Plus予想陣の公開軸馬/穴馬提供!
└現場発+プラスα情報

⇒【+Plusナビ】無料取得はコチラをタップで受付完了

 

▼その他、公開中の[無料]編集部コラムはコチラ
⇒「記者印解読リサーチャー」やなせっち
「編集部きっての調教マイスター」ツカショー

⇒解析データ室「2018年11月1週目/+Plus買い条件公開」
⇒レースビデオ班「青ランプ/次走の狙い馬を一部公開」
⇒「軸馬×穴馬厩舎/前週PLAYBACK」
⇒編集部会議「エリザベス女王杯(GI)」
⇒今週の見どころ「エリザベス女王杯杯(GI)」

今週のレース一覧

編集部コラム

編集部プロファイル