2018.11.17

[重賞+プラス]パック|ハナ差で3連複2850円がスルリ

△クロコスミアが2着も、◎レッドジェノヴァが痛恨の4着

2週前のJBC3戦3勝の勢いをぶつけたかったが、前週のエリザベス女王杯週は消化不調のレース続きだった。武蔵野Sは言い訳無用の不的中だが、デイリー杯2歳S、そしてエリザベス女王杯はなんとかなったはず、と猛省。

[重賞+プラス]パックの成績は土曜が3戦0勝、日曜は3戦2勝。土曜の全敗がいただけない。とくに、軸馬がハナ差4着で3連複2850円的中を逃した東京8R・3歳上500万下(牝)が痛恨だった。

ではさっそく、前週の[重賞+プラス]パックを振り返る。

▼[重賞+プラス]パック11/10(土)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・[プラス1鞍]東京8R 3歳上500万下・牝

└3連複(軸1頭15点)△△△不的中
ここは現級で上位争いを続けていた◎レイリオンが軸。前半1000m62秒8のスローで逃げるかたち。直線に向いて「もらった!」と確信し、△で押さえていた2人気レーツェル、5人気ウスベニノキミ、7人気スマートルビーの追い上げを見守っていたのだが、まさかの◎が4着。最後は3着馬にハナ差で、これが残っていれば3連複2850円という惜敗だった。レイリオンは完全にキレ負け。レース上がり33秒5は本馬にとって速すぎた。勝ったレーツェルはじつに1年ぶりの勝利。反動がなければ上のクラスで即通用レベルだ。
――――――――――――――――――――
・[重賞]東京11R 武蔵野S(GIII)

└3連複(フォーメーション15点)☆-○不的中
実績上位と睨んで◎インカンテーションから3連複フォーメーションで勝負。しかし、休み明けの影響か、序盤から追走に苦労する素振りを見せていた。それでも4コーナー入りまでは悪くない立ち回り。あとはどこまで伸びるか、だったが終いはパッタリと止まってしまった。勝ったのはオープン2連勝中だった☆サンライズノヴァ。ここは実績より勢いのある馬がが上回った。軸選定からミスし、7人気2着のクインズサターンもヌケ。言い訳のできない不的中だった。これは猛省。勝ったサンライズノヴァは東京が舞台なら堅軸か。
――――――――――――――――――――
・[重賞]京都11R デイリー杯2歳S(GII)

└3連複(軸2頭5点)◎-△不的中
デビューから2連勝中の◎アドマイヤマーズの軸は揺るぎなかった。ただ、新馬勝ちの後、さらに上昇ムードの○ダノンジャスティスとの軸2頭にしてしまったのが失敗。○は直線で早々と脱落し、4着。3人気に支持された△ドナウデルタが飛ぶ可能性は想像できたが、詰めが甘かった。5人気3着の△ハッピーアワーは押さえたが、6人気2着のメイショウショウブはヌケ。ここは絞り込みが裏目に出た。勝ったアドマイヤマーズはまさかの逃げ。直線は叩き合いになったが、勝負根性が凄い。ただ、この競馬が次に繋がるかは疑問。
――――――――――――――――――――

▼[重賞+プラス]パック11/11(日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・[プラス1鞍]東京10R 奥多摩S

└3連複(フォーメーション15点)○◎▲590円的中
3連勝中だった◎フレッチアが軸。結果は◎がクビ差2着で、○ドーヴァーが1着、▲ショウナンライズが3着で的中だが、3連複590円と安い。4着の△タイセイレジェンド、5着の△ハナズレジェンドが来ていれば、払戻額は2300円から2700円のゾーンだっただけに残念。結果論だが、◎からの馬単マルチが正解だった。馬単は1990円。ただ、コンセプトは「的中を積み重ねつつ、好配当を狙う」。これはブレない。引き続き、的中優先主義でいく。フレッチアは昇級戦でこの競馬なら悲観する内容ではない。
――――――――――――――――――――
・[重賞]福島11R 福島記念(GIII)

└3連複(軸1頭15点)○◎▲1430円的中
前走・札幌記念で完敗の◎マイスタイルが“妙味”ありと判断。結果は△に評価を落とした1人気エアアンセムに先着し、加えて4人気のマルターズアポジーを消しの判断で、結果は7着。予想はドンピシャだった。人気3頭の決着で配当は安いが、均等買いではなく資金配分していれば十分にプラス収支となる範囲。勝った○スティッフェリオは内枠を利したムダのない取り口。2着の◎マイスタイルは、マルターズアポジーを追いかけたぶん。前半1000m57秒6で粘ったのは“負けて強し”。相手次第で重賞を穫れる。
――――――――――――――――――――
・[重賞]京都11R エリザベス女王杯(GI)

└3連複(フォーメーション15点)△△☆不的中
前週もっとも悔いたのが当レース。京都大賞典で詰まりながら2着の◎レッドジェノヴァを評価したが、前走と同じく勝負どころでインに押し込まれたのが痛かった。4コーナーがスムーズだったら3着はあったか。ただ、組み合わせとして◎が3着に上がっていても不的中。コラムでも触れたとおり、△リスグラシューを軽視したのが敗因だ。しっかりと折り合いを付け、末脚を爆発させたJ.モレイラ騎手の手腕にやられた。9人気2着の△クロコスミアはノーマークの逃げが利いた。オイシイ“盲点”を押さえていただけにもったいない。


反省すべきは、土曜の本命◎が3戦【1.0.0.2】という点。当然ながらボックスや軸複数のフォーメーションでないかぎり、軸馬が馬券圏内に来なければ意味がない。といって今さらボックス買いをする気は毛頭なく、そもそも本命◎選びこそが競馬の醍醐味でもある。

前週は土日ともに的中数7本/12鞍で、的中率は58.3%。この精度をキープしつつ、今週の[重賞+プラス]パックで巻き返しを誓う。

では最後に、本日のマカナイ1鞍を。

――――――――――――――――――――
▼11/17(土)本日のマカナイ1鞍

[京都7R 3歳上1000万下]

今週からムーアとビュイックが短期免許で来日。土曜は東京スポーツ杯2歳S(GIII)が開催されるだけに、この両騎手に加え、ルメール、モレイラ、デムーロ兄弟、武豊、福永祐一と、国内外のビックネームが府中に集結。一方、土曜の京都はトップジョッキーが不在。翌日にマイルCS(GI)を控えた開催とは思えない混戦ムードで、むしろGI資金調達にもってこい。そこで当レース。コーナーリングが重要となる京都ダ1900mにおいて、◎サンライズセナの取り口のうまさは“堅軸”と呼べるもの。3連複フォーメーションでヒモ荒れを狙う。

◎ (3)サンライズセナ
○ (9)キタサンヴィクター
▲ (13)パキュートハーム
☆ (8)ダンサクドゥーロ
△ (12)ショウナンマリブ※
△ (6)メガフレア
△ (1)オクラホマ※
△ (4)オーデットエール※
※は「“穴”ライズ」特注馬

3連複(フォーメーション)
1列目
3
2列目
9,13,8
3列目
9,13,8,12,6,1,4
(15点)
――――――――――――――――――――

▼関連リンク

▼本日の山田編集長【勝負レース】はコチラ
・東京01R 2歳未勝利
・東京03R 2歳未勝利
・東京06R 2歳500万下
・東京10R ユートピアS[重賞+プラス]
・東京11R 東スポ杯2歳S(GIII)[重賞+プラス]
・東京12R 3歳上1000万下
・京都08R 3歳上1000万下
・京都11R アンドロメダS
・京都12R 3歳上1000万下
・福島11R フルーツラインC[重賞+プラス]
・福島12R 高湯温泉特別

 

▼申込者限定[100pt贈呈]無料メルマガ【+Plusナビ/開催当日9時30分配信】受付中!
└解析「的中値/回収値バロメーター」全鞍公開!
└+Plus予想陣の公開軸馬/穴馬提供!
└現場発+プラスα情報

⇒【+Plusナビ】無料取得はコチラをタップで受付完了

 

▼その他、公開中の[無料]編集部コラムはコチラ
⇒「記者印解読リサーチャー」やなせっち
「編集部きっての調教マイスター」ツカショー

⇒解析データ室「2018年11月2週目/+Plus買い条件公開」
⇒レースビデオ班「青ランプ/次走の狙い馬を一部公開」
⇒「軸馬×穴馬厩舎/前週PLAYBACK」
⇒編集部会議「マイルCS(GI)」
⇒今週の見どころ「マイルCS(GI)」

今週のレース一覧

編集部コラム

編集部プロファイル