2018.11.25

[ジャパンC(GI)]アーモンドアイが軸でも相手に盲点を

ハイレベル世代に人気盲点が潜む

ジェンティルドンナが牝馬3冠を達成した後、オルフェーヴルとの叩き合いを制した第32回ジャパンCから6年。今年はアーモンドアイがその偉業に挑む。

エリザベス女王杯で3歳牝馬が完敗だったため、世代レベルを疑問視する声もあるかもしれないが、アーモンドアイが別格なのは3冠レースを見てのとおり。秋華賞は別次元の強さだった。

明らかに次を見据えた七、八分の調整過程。他馬のマークが厳しく、直線に向いた時は、逃げ粘るミッキーチャームとの差は絶望的に思えた。しかし、そこからの末脚が尋常ではない。ミッキーチャームのそれを1秒8も上回る上がり3F33秒6の鬼脚。ディープインパクトの菊花賞に似た衝撃の末脚だった。

結論から言えば、ジャパンCのアーモンドアイは当確。ジェンティルドンナの相手はオルフェーヴルだったが、今年の古牡馬はここまで本調子を欠いた馬ばかり。斤量4キロ差では、やはりアーモンドアイの“一択”となる。

重箱の隅をつつけば、距離適性と1枠発走。同世代相手に東京芝2400mはクリアできたが、血統や体型から受ける守備範囲はやはり中距離まで。能力の絶対値の違いで、クラシックディスタンスでも勝ててしまうのだろうが、古牡馬相手の二四は容易ではない。この枠では包まれる前に早めの競馬をするか、あるいは下げて大外を回すか。スタミナのロスはある。

それでも、過去にたびたび牝馬が好走できているのは、斤量に加えて府中である点。今も昔も牝馬が牡馬混合GIを勝つ舞台は、やはり府中が多い。エアグルーヴ、ウオッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナが輝いたステージは府中。今秋の東京芝コースは例年に比べて時計が速く、瞬発力勝負が繰り広げられている。アーモンドアイにはおあつらえ向きの舞台だ。

さて、アーモンドアイの“一択”をひたすら語っても、読者は「そりゃそうだ」と思う。ここでひとひねり、すべきは相手選び。サトノダイヤモンドとキセキはこの秋になってようやく復調してきているが、ピーク時に比べて何パーセントまで復調できているのか?シュヴァルグランは叩き良化タイプとはいえ、キタサンブラックとレイデオロを負かした前年と比べ、見劣りはしないか?スワーヴリチャードは、天皇賞・秋の大敗が尾を引くことはないのか?

今年の古牡馬には不安要素が多い。ならば他馬にも付け入る隙は十分。ここで外国馬2騎を挙げるのは簡単だが、あえて日本馬から盲点を探してみたい。3連複軸1頭+相手6頭の買い目に、人気薄の日本馬2頭を仕込むことにした。そのうち1頭は△(5)ミッキースワロー

昨年のダービー馬レイデオロは、今秋のオールカマー→天皇賞・秋の連勝で一気に現役最強の座へ。その天皇賞・秋は4着アルアインまでが4歳馬。思えば、春はスワーヴリチャードが制した大阪杯では、ペルシアンナイトとアルアインが続いて、4歳世代のワンツースリー。この2頭はマイルCSでも2、3着に入っている。菊花賞馬キセキもようやく復調し、古馬王道の路線で健闘中。そう、前年のクラシック路線で活躍した現4歳世代は、極めて層が厚いのだ。

目の覚める末脚でアルアインを差し切った昨年のセントライト記念。同世代のダンビュライトに遅れを取ったが、大マクリで強い競馬を魅せた今年のアメリカJCC。夏負けの兆候があった大阪杯と、直線でどん詰まりだった前走の札幌記念を度外視すれば、この4歳馬もGIで好走できても不思議ではない能力の持ち主。穴に一考を。

では最後に、本日のマカナイ1鞍を。

――――――――――――――――――――
▼11/25(日)本日のマカナイ1鞍

[京都9R 白菊賞]

土曜は京都2歳S(GIII)で4人気2着の◎ブレイキングドーンから3連複720円をゲット。買い目6点で十分に楽しめた。日曜は大一番のジャパンC(GI)に加え、高配当が期待できそうな混戦の京阪杯(GIII)がスタンバイ。ここに馬券代を集約するのであれば、その前に軽く資金調達といきたいところだ。さて、その京都2歳Sにも登録のあった◎ラヴズオンリーユーがここへ出走。POGファンにはお馴染みの血統で、この血統らしい好センスで初陣V。しかも、まだ仕上げきっていないなかでの完勝であり、自己条件で牝馬同士なら負けられない。相手5頭の3連複10点で勝負。少頭数のため均等買いはトリガミもあるので、必ずオッズを見て資金配分を。

◎ (7)ラヴズオンリーユー
○ (1)ルチアーナミノル
▲ (6)エイシンゾーン
△ (3)ビックピクチャー
△ (2)ランブリングアレー
△ (5)メトロポール

3連複(軸1頭)

7
相手
1,6,3,2,5
(10点)
――――――――――――――――――――

▼関連リンク

▼本日の山田編集長【勝負レース】はコチラ
・東京01R 2歳未勝利
・東京03R 2歳未勝利
・東京06R 3歳上500万下
・東京07R ベゴニア賞
・東京08R オリエンタル賞
・東京09R シャングリラ賞
・東京10R ウェルカムS[重賞+プラス]
・東京11R ジャパンC(GI)[重賞+プラス]
・京都03R 2歳未勝利
・京都11R オータムリーフS
・京都12R 京成杯(GIII)[重賞+プラス]

 

▼申込者限定[100pt贈呈]無料メルマガ【+Plusナビ/開催当日9時30分配信】受付中!
└解析「的中値/回収値バロメーター」全鞍公開!
└+Plus予想陣の公開軸馬/穴馬提供!
└現場発+プラスα情報

⇒【+Plusナビ】無料取得はコチラをタップで受付完了

 

▼その他、公開中の[無料]編集部コラムはコチラ
⇒「記者印解読リサーチャー」やなせっち
「編集部きっての調教マイスター」ツカショー

⇒解析データ室「2018年11月3週目/+Plus買い条件公開」
⇒レースビデオ班「青ランプ/次走の狙い馬を一部公開」
⇒「軸馬×穴馬厩舎/前週PLAYBACK」
⇒編集部会議「ジャパンC(GI)」
⇒今週の見どころ「ジャパンC(GI)」

今週のレース一覧

編集部コラム

編集部プロファイル