2018.12.08

[重賞+プラス]パック|チャンピオンズC(GI)3連複6090円

前週は重賞・GI3戦2勝で回収率252.7%

前週の[重賞+プラス]パックの成績は土日ともに3戦1勝。つまり6戦2勝で、的中率33.3%は不満だが、ステイヤーズS(GII)3連複(10点)1490円と、チャンピオンズC(GI)3連複(15点)6090円の重賞2勝ならまずまず。

ただ、[プラス1鞍]の全敗はいただけない。レース選定のミスも否めず、次週への反省材料とする。では、前週の振り返りを。

▼[重賞+プラス]パック12/1(土)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・[プラス1鞍]阪神10R 御影S

└3連単(軸1着固定20点)△○◎不的中
現級2着続きの◎シヴァージに、今度こその勝利を期待して3連単軸1着固定で勝負。しかし、またもや惜敗の3着に敗れてしまった。ブリンカーを付けたり外したり試行錯誤しているように、どうもこのクラスを勝ち切るには気性がネックのよう。直線、一旦は先頭に立ったが、最後は交わされてしまった。3連複でも210円と格安。そもそもレース選定を誤った。反省。勝ったホウシュウナウはユニコーンSでルヴァンスレーヴの4着。千四は4戦4勝。この条件は合う。
――――――――――――――――――――
・[重賞]中山11R ステイヤーズS(GII)

└3連複(軸1頭10点)○△◎1490円的中
4連覇のかかったアルバートがよもやの当日取消。急きょ予想を差し替えたわけだが、ここで2年前の当レース3着馬、◎モンドインテロに託した。直線、一度は遅れをとりそうになるも最後盛り返して2着馬にクビ差の3着。春のダイヤモンドS2着の○リッジマンが1人気に応えて完勝し、前走・準オープン特別勝ちの△アドマイヤエイカンが2人気2着。意外と平穏な決着だったが、4人気馬に◎を打てたのは上出来だろう。今回は例年以上に手薄なメンバー構成。2着アドマイヤエイカンは今後も中・長距離戦で面白そうだが、意外は長距離戦限定か。
――――――――――――――――――――
・[重賞]阪神11R チャレンジC(GIII)

└3連複(軸2頭5点)○△△不的中
レイエンダVSエアウィンザーの“2強”と見て軸2頭で勝負したが、読みが甘かった。1人気で6着に敗れたレイエンダは、序盤からレースの流れに乗れなかったとはいえ、直線が伸びなさすぎた。勝負どころの反応の鈍さはいつも以上で、デキなのかメンタル面なのか、不可解な敗戦。確かに中間の追い切りはいつもより軽めだった。勝ったエアウィンザーは前走からさらに馬がレベルアップ。これならもっと上を目指せそう。


▼[重賞+プラス]パック12/2(日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・[プラス1鞍]中京9R 豊川特別

└3連複(軸1頭15点)△△○不的中
勝ち切れないまでも堅実な末脚から◎サトノマックスで勝負も、結果は5着。勝負どころで動きづらいシーンもあったが、自身の脚は使っており、ここは単純にキレ負けだろう。6人気1着の△トライン、5人気3着の○ブレイニーランも拾っていただけに悔やまれる。勝ち馬はもともと素質の高さを買われていた馬。得意の上がり勝負だったとはいえ、前残りを大外一気は強い。まだ荒削りな面はあるものの、昇級しても通用する力はある。ただ、まだ展開に左右される脚質。あくまで“連軸”で。
――――――――――――――――――――
・[プラス1鞍]中山10R 市川S

└3連複(軸1頭15点)△△ー不的中
展開的に前残りを期待して◎シャルルマーニュで勝負したが、よもやの11着大敗。道中息が入らなかったか、直線に向く頃にはすでにお釣りがなかった。エアレーション&シャタリングによる外差し馬場も相まって、勝った△キャプテンペリーは大外ズドン。完全に展開の読みが外されて言い訳できない不的中だった。右回りを懸念して2人気のアンブロジオも△低評価。10人気3着のチャンピオンルパンはインをうまく立ち回った鞍上の好騎乗が冴えた。中山マイルは過去にも好走例があり、今後も同条件は注意。
――――――――――――――――――――
・[重賞]中京11R チャンピオンズC(GI)

└3連複(軸1頭15点)◎△○6090円的中
ここはシンプルに◎ルヴァンスレーヴを軸に。キモは相手探しで、JBCクラシック上位組から、○サンライズソア、▲オメガパフューム、△ケイティブレイブをチョイス。同4着だったノンコノユメは、展開待ちタイプでここは消し。かわりに、シリウスSの内容を再評価した△ウェスタールンドを入れた。この判断が吉と出た。ルヴァンスレーヴは想定外の先行押し切り。これは手放しに強いと評価。8人気2着のウェスタールンドは、ポッカリと空いたインを強襲できたとはいえ、上がり3F34秒4は脅威。武蔵野Sは鞍上とのリズムが取れていなかった。地方のダート適性は未知数も、今後もGI戦線を賑わせてくれそうだ。


前週は阪神10R・御影Sで3連単勝負としたが、残念ながら不的中。仮に的中していたとしても低配当だったであろう結果で、ここはそもそもレース選定を誤った。

引き続き、適正レースがあれば3連単馬券を仕込む予定で、このように“堅軸”からのヒモ荒れ、または軸1頭マルチで好配当を狙ってみたい。

一方、重賞は土日3戦2勝で回収率252.7%。[重賞+プラス]パックのリリース(11月1周目のJBC3競走週)から6週目で、重賞・GIは的中率50.0%、回収率112.6%とまずまず。さらなる的中の積み上げを狙っていきたい。

では最後に、本日のマカナイ1鞍を。

――――――――――――――――――――
▼12/8(土)本日のマカナイ1鞍

[中山8R 3歳上1000万下]

土曜の中山ダートは稍重からスタート。今週は雨と曇りで日照時間が短く、気温もグンと落ちた影響で、馬場が湿ったままのようだ。そうなると冬場のダートでもパワー比べからスピード勝負へ。土曜中山は逃げ・先行、そして芝からの転戦馬には警戒したほうがいい。当レースもここで初ダートの△イレイションは押さえておくべき1頭で、それ以外にも△マキノテソーロの先行力や、○ビービーガウディのキレ味はこの馬場で生きてくる。それでも本命にしたいのが、◎レッドアトゥ。骨折明けの前走が圧巻の勝ちっぷり。勝ち時計も優秀で、これなら連続好走はある。3連複軸1頭で勝負。

◎ (3)レッドアトゥ
○ (4)ビービーガウディ
▲ (2)カフェアトラス※
△ (1)マサキノテソーロ
△ (8)クリノライメイ※
△ (11)イレイション
△ (10)ジェイケイライアン※
※は「“穴”ライズ」特注馬

3連複(軸1頭)

3
相手
4,2,1,8,11,10
(15点)
――――――――――――――――――――

▼関連リンク

▼本日の山田編集長【勝負レース】はコチラ
・中山01R 2歳未勝利
・中山09R 霞ヶ浦特別[重賞+プラス]
・中山10R アクアラインS[重賞+プラス]
・中山11R 師走S
・中山12R 3歳上500万下
・阪神03R 2歳未勝利
・阪神10R 境港特別
・阪神11R リゲルS
・阪神12R 3歳上500万下
・中京11R 中日新聞杯(GIII)[重賞+プラス]
・中京12R 犬山特別

 

▼申込者限定[100pt贈呈]無料メルマガ【+Plusナビ/開催当日9時30分配信】受付中!
└解析「的中値/回収値バロメーター」全鞍公開!
└+Plus予想陣の公開軸馬/穴馬提供!
└現場発+プラスα情報

⇒【+Plusナビ】無料取得はコチラをタップで受付完了

 

▼その他、公開中の[無料]編集部コラムはコチラ
⇒「記者印解読リサーチャー」やなせっち
「編集部きっての調教マイスター」ツカショー

⇒解析データ室「2018年12月1週目/+Plus買い条件公開」
⇒レースビデオ班「青ランプ/次走の狙い馬を一部公開」
⇒「軸馬×穴馬厩舎/前週PLAYBACK」
⇒編集部会議「阪神ジュベナイルF(GI)」
⇒今週の見どころ「阪神ジュベナイルF(GI)」

今週のレース一覧

編集部コラム

編集部プロファイル