2018.12.22

[有馬記念(GI)]のミカタ オグリキャップから数えて30年。今年はどんな結末が?

泣いても笑っても、平成最後の有馬記念。昭和の最後、1988年にはオグリキャップが現れて第二次競馬ブームが起こり、平成8年、1996年には世界最高の売上が875億円を超え、1レースあたりでもっとも馬券の売り上げが高いレースとしてギネス認定された。普段は競馬をやらない層も巻き込んで競馬が市民権を得ることに絶大な貢献をしてきた有馬記念も、今年の63回目でまたひとつの時代の区切りを迎えることになる。

ホープフルSがGIになり、28日に開催されるようになってからは年末の総決算という役割をも終えたように感じてしまうのは気のせいだろうか。いや、それは普段から馬券を買っている者の視点に過ぎないのかもしれない。

依然として一般層からすれば、「え?有馬記念のあとも競馬やってるの?」という具合に、有馬記念は年末の総決算。「最後にもう1日、開催があってね。ホープフルSというGIが行われるんだよ」という事情は、もっと競馬を深く知るようになってからでも十分だろう。

有馬記念は開催日に例えると、いわばメインレース。お客さんには、まずメインレースに興味を持ってもらおう。ビギナーのうちはメインが終わったら家路につく人も多い。だけども、メインレースが終わっても物足りない。あるいは負けた分を取り返したい、という気持ちを植え付けられたお客さんを、ガッチリ取り込むための最終レースは残されていたほうがよい。ホープフルSの日は、開催日に例えるといわば最終レース。そんな認識でよいのではないか。

今週は、何はともあれ有馬記念の話にスペースをさかねばならない。なにせ一年間のメインレースですからね。普段、「UMAJIN+Plus」のサイトを利用されていない方々も、予想の参考にしていることでしょう。

ここいらでひとつ、穴っぽいところを推奨して馬券になってくれれば、その方が最終レース(ホープフルS?)でも馬券を買ってくれるかもしれませんし、来年以降はもっと競馬が好きになってくれるかもしれない。そうすれば、競馬人口も増える。もっともっと競馬が盛り上がってくるかも…。そんなことを妄想しながら予想をするのが、なんだか楽しくもあります。

最終的な人気のほどはわかりませんが、△ミッキーロケットでどうでしょう。宝塚記念で初GI制覇を果たし、ぶっつけになった天皇賞・秋を叩いて2走目。その天皇賞も好位で立ち回って勝ち馬レイデオロと0秒4差、キセキとはわずか0秒2差でしかない。

GI制覇へ導いた主戦の和田騎手が乗れないのは残念といっても、今回は短期免許で来日しているマーフィー騎手。ズブい馬で仕掛けどころが難しいゆえ、それさえ把握しておけば先入観なく乗れることがかえってプラスになるのではないかと。

追い切りも、いつもどおりの坂路を消化して、自己ベストの50秒8に迫る50秒6をマーク。終いまでビッシリ追われてラスト1ハロンも12秒5と、唸るような勢いだった。宝塚記念で◎ワーザーから印抜けになり好配当を逃してしまったリベンジを、同じグランプリで果たさせてほしいという個人的な思い入れもある。とにかく、GIで馬券になるならこの条件は天皇賞・秋よりも間違いなくプラスだ。

と、ここまで綴ってまいりましたが、いつもお伝えしているようにここまでコラムを読んでいただいたからといっても最終的にご自身の予想で買われるもよし、他の予想陣の予想に乗るもよしです。では、また次回の更新でお会いしましょう。


「UMAJIN+Plus」のバージョンアップにともなって始まった新コーナー「本日のマカナイ1鞍」。提供レース数の関係から惜しくも[重賞+プラス]パックから溢れた勝負レースを無料公開しております。
――――――――――――――――――――
▼12/23(日)本日のマカナイ1鞍

[中山5R 2歳500万下]

ダートの2歳500万条件にフルゲート16頭と、多数の除外馬が出るほど頭数が集まった。以前と比べると多少増えてきたとはいえ、1勝してしまうと極端に番組数が少なくなる整備不足の現状を物語っている。純粋にダートを走ってきた馬にとってはまだマシだが、芝からダートを試してみたい馬にとっては二の足を踏むことも多いのでは。結果、素質開花が遅れて、競走馬としての旬を逃してしまうことにもなりかねない。来年度はもう少し、考慮してほしいものだが…。

今回が初ダートの◎パイロテクニクスは、以前からダートを試したかったクチ。夏の北海道で勝ち上がり、芝は素質で走っていたものの体つきや走法から、「ダートに出てきたら…」と狙っていた馬。思いの外、芝で好走したことで妙味は薄くなってしまったが、それでも、断然人気にはならなそう。芝を3戦、重馬場の新馬戦はともかく2戦目、3戦目では追走に苦労していたところを見ても、ダートでガラリ一変は見込み違いではないはず。

○はダートでの勝ち上がりから芝を試し、再びダートに戻るスマートセラヴィー。これも能力でこなしてきたものの、やはり本質はダート。ひょっとしたらとんでもない大物かもしれない▲スマートスリロスに、△まで手広く抑えたい。

◎ (5)パイロテクニクス
○ (8)スマートセラヴィー
▲ (3)スマートスリロス
△ (15)オリオンパッチ
△ (7)キタノオドリコ
△ (6)フラドタイド

馬連ながし

5
相手
8,3,15,7,6
(5点)
――――――――――――――――――――


▼関連リンク
⇒やなせっち【予想購入(開催前日21:00開始~レース発走5分前締切)】はコチラをタップ
⇒【ポイント追加・購入】はコチラをタップ

 

▼[100+100pt無料キャンペーン中]申込者限定メルマガ【+Plusナビ/開催当日9時30分配信】
└解析「的中値/回収値バロメーター」全鞍公開!
└+Plus予想陣の公開軸馬/穴馬提供!
└現場発+プラスα情報

⇒【+Plusナビ】無料取得はコチラをタップで受付完了


⇒「UMAJIN+Plus(プラス)」LINE@の友だち追加はコチラをタップ
※LINE@でも馬券につながる“耳寄り情報”をいち早くお届けしています!
 
▼その他、公開中の[無料]編集部コラムはコチラ
⇒編集長・山田「“穴”ライズ」
⇒ツカショー「調教めがね」
編集部会議「本命、穴馬、買いたくない馬まで激論バトル!(※毎週木曜20時頃更新)」

⇒◎○▲解析データ室「+Plus全予想陣の成績公開」
⇒レースビデオ班「青ランプ/次走の狙い馬を一部公開」
⇒今週の見どころ「有馬記念(GI)/データから導き出された“穴馬”は?」

今週のレース一覧

編集部コラム

編集部プロファイル