2019.01.05

[金杯(GIII)]明け4歳世代の取捨がカギ

4歳馬=買いとは限らない

2019年の中央競馬が開幕した。昨年はこの新年開幕週が3日間開催で、その最終日のシンザン記念を制したのが、名牝アーモンドアイだった。このアーモンドアイを筆頭に、明け4歳世代は各カテゴリーの層が厚い。昨秋はマイルCS、ジャパンC、チャンピオンズC、有馬記念、東京大賞典、と古馬GIで圧倒的な存在感を見せた現4歳世代。その“最強世代”がさっそく主役を担うのが、東西金杯だ。

まず過去の傾向では、4歳馬は中山金杯【3.2.1.16】、京都金杯【3.4.3.29】とそれなりの結果を残している。ただ、まだキャリアが浅く、古馬との比較も難しいことから、過大評価になるのもこの時期の4歳馬である。

たとえば、昨年の中山金杯では、セダブリランテスとウインブライトが4歳馬ワンツーを決めたが、その裏でダイワキャグニーが3人気5着、カデナが5人気10着と、人気を下回る着順に敗れた4歳馬もいた。一昨年の中山金杯では、ストロングタイタンが2人気9着、ドレッドノータスが3人気10着と惨敗。一方の京都金杯でも、昨年はレッドアンシェルが1人気3着と馬券圏内は死守したものの、2人気のラビットランが8着と、人気を下回っている。

4歳馬=買いor消し、という安易なジャッジは捨てたほうがいい。

たとえば、中山金杯には昨年のクラシック戦線を戦ってきたコズミックフォース、タイムフライヤー、ステイフーリッシュが参戦するが、買い要素もあれば消し要素も見える。

コズミックフォースはセントライト記念7着、菊花賞15着と精鋭を欠いているが、日本ダービー3着馬。前向きな気性で、距離が長かったのかもしれない。中山芝2000mなら京成杯2着もあり、いかにも巻き返してきそうな雰囲気はある。ただ、ベストパフォーマンスは高速馬場の府中で行われたプリンシパルSと日本ダービー。京成杯はジェネラーレウーノ以外、前が総崩れのレースであり、これを後方一気での2着では評価しづらい。

タイムフライヤーは一昨年のホープフルS勝ちでGI馬。その後は惨敗続きだったが、菊花賞で勝ち馬から0秒6差の6着と復調気配を見せた。中間の追い切りでも抜群の動きを見せており、復活の兆しが見えている。しかし、調教でよく見せていたのは春も同じで、決して特筆すべき要素というわけでもない。

ステイフーリッシュはチャレンジCで3着。勝ち馬から0秒7も離されてのものだが、今回人気の一角となる6歳馬マウントゴールドとは0秒2差と、前述2頭に比べれば、すでに対古馬と互角にやれることを証明済み。これは“買い”の様相が明白であり、評価順はステイフーリッシュ>タイムフライヤー>コズミックフォースとジャッジする。

明け4歳馬の取捨はじつに難しいが、そのぶん妙味があり、好配当にありつけるというもの。その最たるレースが、年明け最初の金杯だ。ぜひチャレンジいただきたい。

では最後に、本日のマカナイ1鞍を。

――――――――――――――――――――
▼1/5(土)本日のマカナイ1鞍

[京都6R 4歳上500万下・牝]

2019年開幕週はザッと見渡しても“混戦”と見てとれるレースがズラリ。当レースもそのひとつで、展開ひとつといったメンバー構成。軸馬選びも相手探しも難しい。ただ、当たれば好配当。3連複万券も見えてくるレースで、ここで“初笑い”といきたい。まず好配当を狙うにあたって人気一角を切る。前走4着と健闘したナムラキヌだが、終始インでうまく立ち回ってのもの。前走だけで人気になるなら嫌ってみたい。軸は、骨折明け+昇級初戦の前走でいきなり2着の◎レジェンディストとする。前走は出入りの激しい展開で強気の競馬。直線、さすがに息が上がったところで勝ち馬に差し切られてしまった。現級で実力上位は証明しており、叩き2戦目のここは勝ち負けできる。本馬を軸に3連複フォーメーションで勝負。

◎ (4)レジェンディスト
○ (14)シゲルマツタケ
▲ (2)クインアマランサス
☆ (5)カリンカ※
△ (10)シンコーメグチャン
△ (1)センショウレイナ※
△ (11)カカアコ
△ (13)デイジーフローラ※
※は「“穴”ライズ」特注馬

3連複(フォーメーション)
1列目
4
2列目
14,2,5
3列目
14,2,5,10,1,11,13
(15点)

※各組合せの払戻金が同額になるよう、資金分配を推奨しています。
――――――――――――――――――――


▼関連リンク

▼本日の山田編集長【勝負レース】はコチラ
・中山01R 3歳未勝利
・中山07R 4歳上500万下
・中山08R 4歳上1000万下
・中山09R 招福S
・中山10R カーバンクルS[重賞+プラス]
・中山11R 中山金杯(GIII)[重賞+プラス]
・中山12R 4歳上1000万下
・京都01R 3歳未勝利・牝
・京都10R 門松S
・京都11R 京都金杯(GIII)[重賞+プラス]
・京都12R 4歳上1000万下

 

▼東西金杯(GIII)週|お年玉特典[最大300pt贈呈]無料メルマガ【+Plusナビ/開催当日9時30分配信】受付中!
└解析「的中値/回収値バロメーター」全鞍公開!
└+Plus予想陣の公開軸馬/穴馬提供!
└現場発+プラスα情報

⇒【+Plusナビ】無料取得はコチラをタップで受付完了

 

▼その他、公開中の[無料]編集部コラムはコチラ
⇒「記者印解読リサーチャー」やなせっち
「編集部きっての調教マイスター」ツカショー

今週のレース一覧

編集部コラム

編集部プロファイル