2019.01.14

[京成杯(GIII)]新馬・未勝利組から選ぶなら

隠れた素質馬を見抜くことが攻略のカギ

昨年の京成杯は、勝ったジェネラーレウーノが皐月賞で8人気3着、2着のコズミックフォースが日本ダービーで16人気3着と、春クラシックで波乱を演出した2頭のワンツーだった。

2010年の勝ち馬・エイシンフラッシュは皐月賞で11人気3着、日本ダービーを7人気で優勝。2007年の勝ち馬・サンツェッペリンは皐月賞で15人気2着。ディープインパクトが3冠を達成した2005年も、当レース2着のシックスセンスが皐月賞で12人気2着、日本ダービーで7人気3着と、後にクラシックで穴を開ける馬がここで好走するケースがチラホラとある。

皐月賞と同じ中山芝2000mが舞台ではあるが、年明け早々の重賞だけに、2歳暮れで賞金加算できなかったような馬が集まる傾向にある。いわゆる天才肌ではなく、野武士タイプ。そんな馬たちが集結することで、一見“地味”に映るのだろう。

つまり、先々のクラシックで活躍できる馬が潜んでいる可能性もあり、先見の明が求められるレースでもある。

近年の好走例を見れば、同コースの葉牡丹賞を好走した馬が、そのまま京成杯でも勝ち負けするケースが多い。ただ一方で、新馬や未勝利を勝ち上がったばかりの馬の好走もあり、これらが穴をあけるケースもある。

昨年も新馬を勝ったばかりのイェッツトが6人気3着。2017年は初勝利に4戦を要したガンサリュートが7人気2着。

今年も、新馬勝ちが2頭、未勝利勝ちが1頭参戦。C.ルメール鞍上のラストドラフト、阪神芝2000mの新馬を快勝したヒンドゥタイムズ、2戦目で勝ち上がったリーガルメインの3頭だ。ラストドラフトは母マルセーナという良血馬であり、この鞍上なら人気は必至。

残る2頭、ヒンドゥタイムズとリーガルメインをどうするか?どちらも消しというジャッジもあるが、ともに中山芝2000mに良績を残すハービンジャー産駒であり、やはり気になる存在である。ヒンドゥタイムズは前走が3馬身半差の圧勝ではあるが、2着以下に負かした相手が次走で大敗した馬ばかり。低調なメンバーでの勝利とあって、プッシュ材料は少ない。

対して、△(11)リーガルメイン。初戦は当レース出走のカフジジュピターに敗れたが、当時はまだ仕上がり途上。むしろ2着に来たのは上出来で、キッチリと仕上げた2戦目は大人びたレースぶりで差し切りV。440キロ台のコンパクトな馬体ながら見栄えがよく、まだ奥が深そうだ。買い目に入れるなら、こちらと見る。

では最後に、本日のマカナイ1鞍を。

――――――――――――――――――――
▼1/14(月)本日のマカナイ1鞍

[中山7R 3歳500万下]

日曜のC.ルメールは【3.1.0.5】。1日3勝はじゅうぶんに稼いだほうだが、常に上位人気に支持されるジョッキーだけに、取りこぼしに目がいってしまう。ただ、なかには過剰人気とも言える馬もチラホラ。引き続き、“ルメールの取捨”は馬券攻略のカギとなる。さて、当レースは馬柱を見てのとおり大混戦。ここでのルメール騎乗馬は、新馬勝ち後の500万下で5着に敗れたフィルムフェスト。結論は“買い”だ。前走は馬体減りがあり、テンションも高め。レースでも終始力んで自滅したかたち。新馬勝ちの中山千二に戻るここは巻き返しがあっていい。2番手以下は大混戦。3連複フォーメーションで高配当を狙う。

◎ (6)フィルムフェスト
○ (4)ナタラディーヴァ※
▲ (12)ナムラカメタロー
☆ (1)ルカーカーブル
△ (5)ヴァルドワーズ
△ (10)カステヘルミ
△ (11)ヤマチョウヴォイス※
△ (14)ブリングイットオン※
※は「“穴”ライズ」特注馬

3連複(フォーメーション)
1列目
6
2列目
4,12,1
3列目
4,12,1,5,10,11,14
(15点)

※各組合せの払戻金が同額になるよう、資金分配を推奨しています。
――――――――――――――――――――

▼関連リンク

▼本日の山田編集長【勝負レース】はコチラ
・中山01R 3歳未勝利
・中山09R 初凪賞
・中山10R ジャニュアリーS
・中山11R 京成杯(GIII)
・中山12R 4歳上1000万下
・京都01R 3歳未勝利
・京都06R 3歳新馬
・京都09R 雅S
・京都10R 紅梅S(L)
・京都11R 淀短距離S(L)
・京都12R 4歳上1000万下

 

▼先行受付中|AJCC(GII)週|[無料100pt贈呈]無料メルマガ【+Plusナビ/開催当日9時30分配信】受付中!
└解析「的中値/回収値バロメーター」全鞍公開!
└+Plus予想陣の公開軸馬/穴馬提供!
└現場発+プラスα情報

⇒【+Plusナビ】無料取得はコチラをタップで受付完了

 

▼その他、公開中の[無料]編集部コラムはコチラ
⇒「記者印解読リサーチャー」やなせっち
「編集部きっての調教マイスター」ツカショー

⇒解析データ室「2019年1月1週目/+Plus買い条件公開」
⇒編集部会議「日経新春杯(GII)」
⇒今週の見どころ「日経新春杯(GII)」

今週のレース一覧

編集部コラム

編集部プロファイル