2019.01.27

[シルクロードS(GIII)]ラブカンプーの扱いがカギになる

上り調子の馬を上位に評価する

日曜はフェブラリーSの前哨戦・根岸S(GIII)と、高松宮記念の主要ステップレース・シルクロードS(GIII)が開催。根岸Sは連勝中の明け4歳馬コパノキッキングの距離延長をどうみるか?ここが攻略のキモになる。

結論は“長い”。今とは戦法が違えど、4走前のダ1400m準オープン特別では、逃げて終い一杯になり4着。追い込みが板についてきた今なら脚を溜めることもできるだろうが、今のタフな東京ダ1400mではマイルをこなせるスタミナを求められるはずだ。

さて、根岸Sも面白いが、高配当を狙うならシルクロードSのほうだろう。ファインニードル引退後、スプリント路線は再び王者不在の時代へ突入した。ハイレベルの明け4歳世代が有力視される一方、臨戦過程やハンデを勘定すれば、古豪にもチャンスはじゅうぶんと言えるメンバー構成だ。

おまけに馬場コンディションが怪しい。京都は「良」発表だが、前日夕方から降った雪の影響で芝は水分を含んだ状態のはず。ただでさえ、今開催の京都芝は時計が掛かっているだけに、馬場読みも重要な予想ファクターと言えるだろう。シルクロードSの穴馬は枚挙にいとまがない。ここは3連複フォーメーションで1-2-7の15点で手広く攻める。

では、絞り込む1列目と2列目にどの馬を置くか?

まずここにラブカンプーは置かない。夏の連戦の疲れが明らかに出ていたはずのスプリンターズSでもクビ差2着と、スプリント能力は間違いなく一級品。おそらく調子云々ではなく、気持ちで走り切るタイプなのだろう。こういうタイプは、押せ押せローテのほうが結果を残す。一旦休んだことで馬の気持ちが途切れる可能性はある。

一方、同じ4歳牝馬でも昨秋から上り調子なのが、○(16)アンヴァル。前走、淀短距離Sは前崩れを2番手追走から踏ん張ってアタマ差2着。時計の掛かる京都芝1200mで好走を続けている点も好感が持てる。3連複フォーメーション2列目の1頭はこれだ。

では最後に、本日のマカナイ1鞍を。

――――――――――――――――――――
▼1/27(日)本日のマカナイ1鞍

[東京8R 4歳上1000万下]

[解析“一撃”]が3連単15万9190円を仕留めた本日の東京1R。根岸S(GIII)と同じダ1400mの勝ち時計は1分28秒0と水準より遅く、乾燥した今の東京ダートは時計を要している。勝ち馬は中団からの差し切りV。ただ、ゴール前はさらに後方にいた2頭に詰め寄られており、早めの競馬では脚が上がってしまうのが今の馬場コンディションだ。本番前にもう一丁、同コースで脚質傾向をチェックといきたいのが当レース。ここは前走、詰まりながら3着まで追い込んだ◎エングローサーから入る。気性的に千四はベスト。頭数の落ち着いたここなら不利も受けずに突き抜けられると見た。

◎ (4)エングローサー
○ (3)タガノカトレア※
▲ (6)ハルクンノテソーロ
△ (5)ペイシャエヴァー※
△ (12)オーヴァドーロ
△ (2)レピアーウィット
△ (13)アフターバーナー※
※は「“穴”ライズ」特注馬

3連複(軸1頭)

4
相手
3,6,5,12,2,13
(15点)

※各組合せの払戻金が同額になるよう、資金分配を推奨しています。
――――――――――――――――――――


▼関連リンク

▼本日の山田編集長【勝負レース】はコチラ
・東京01R 3歳未勝利・牝
・東京03R 3歳新馬
・東京05R 3歳未勝利
・東京09R セントポーリア賞
・東京10R 早春S
・東京11R 根岸S(GIII)[重賞+プラス]
・東京12R 4歳上1000万下
・京都11R シルクロードS(GIII)[重賞+プラス]
・中京08R 4歳上500万下
・中京11R 伊勢特別[重賞+プラス]
・中京12R 蒲郡特別

 

▼先行受付中|東京新聞杯(GIII)週|[無料100pt贈呈]無料メルマガ【+Plusナビ/開催当日9時30分配信】受付中!
└解析「的中値/回収値バロメーター」全鞍公開!
└+Plus予想陣の公開軸馬/穴馬提供!
└現場発+プラスα情報

⇒【+Plusナビ】無料取得はコチラをタップで受付完了

 

▼その他、公開中の[無料]編集部コラムはコチラ
⇒「記者印解読リサーチャー」やなせっち
「編集部きっての調教マイスター」ツカショー
⇒解析データ室「2019年1月3週目/+Plus買い条件公開」

⇒編集部会議「根岸S(GIII)」
⇒今週の見どころ「根岸S(GIII)」

今週のレース一覧

編集部コラム

編集部プロファイル