2018.07.12

[軸馬厩舎] 馬場状態を考慮して結果的に行き着いた◎

2週前の好調とは打って変わって先週は低調。それなりの的中は拾えたとはいえ、なんとも不甲斐ない結果に終わってしまった。レースを絞った分、ハズレの本数は減ったとはいえ、的中本数は思ったほど稼げなかった。波がありすぎるのは考えもの。今週以降も修正作業が必要になる。

首尾よく“跳ねた”配当は土曜中京3Rの1本だけ。これは単勝2.2倍で1人気の◎アトスが2着で、もう1頭、単勝2.7倍で人気を分け合った2人気タマモストームが12着という結果だった。△ブンゴが9人気1着となってくれたので、馬連なら3,850円の配当だったところ、△◎の馬単が1万2,330円と、およそ3.2倍になった。

◎アトスについては2戦連続して2着。2走前が5人気、1走前が2人気。対して2人気タマモストームは8戦して7戦で3着位内と、どちらも堅実さでいえば互角だった。この日の馬場はダートが不良で、かなり脚抜きのいい馬場になっていた。加えて、メンバー構成からアトスが楽に先手を取れると判断して◎に行き着いたわけだが、結果的にそれがドンピシャ。脚質的にタマモストームはどうしても展開に左右される。能力的には五分。タイムトライアルなら、甲乙つけがたい。

ただ、440キロ程度しかないアトスでも内目の枠からすんなり先手を取れれば、タマモストームよりも[軸馬厩舎]としての信頼度は高まる。これが良馬場なら、逆にタマモを上に取る手もあっただろう。結果的にアトスは2着で未勝利脱出が叶わなかった。2頭とも再び同じレースに出走してくる可能性は高いが、この2頭でいえば出走メンバーとの兼ね合い、またコース替わりなどで順列はその都度判断する必要があるだろう。


[穴馬厩舎] 障害戦では落馬の可能性を考えてリスク回避を

△ブンゴについては前走4着だったが、10人気がフロック視されたか、今回も9人気にとどまっていたことで妙味は十分だった。加えて、鞍上、川又騎手が2戦連続で手綱を任されていたのだが、これが[穴馬厩舎]として評価できた要因のひとつ。2キロ減の川又騎手は減量の活かし方をしっかり心得ているジョッキーであり、2戦連続で依頼されたのは前に行って残す競馬をしてほしいという、陣営の明確な意図があったからこそ。もちろん、ブンゴ自身もそれに応えられる状態にあったのは間違いないのだが、馬の能力的な面やレース条件、枠順・馬場など見て、ある程度絞ってはいたのだが、この川又騎手の起用で[穴馬厩舎]としての評価も上げることができた。

2週前で3戦3勝としていた障害戦も先週は不発。土曜福島4R・障害未勝利戦では[穴馬厩舎]が選定した[3,8,10,2]のうち(8)→(2)→(3)の決着で馬単4,050円、3連単は2万2,170円の好配当となったものの、公開予想としては[軸馬厩舎]の◎クロフネフリートが落馬競走中止。人馬とも異状がなかったのは何よりだったが、結果としては痛かった。障害戦では落馬の可能性を考慮して、[軸馬厩舎][穴馬厩舎]のBOX購入で馬券をおさえてリスク回避する手もあるということか。


▼関連リンク
⇒[先行予約受付中!]【「編集長・山田」のレア馬単/得意条件絞り】詳細はコチラ!
 
⇒[無料]函館記念(GIII)攻略DATA「過去10年で1人気の勝率ゼロ」詳細はコチラ!
 
▼[100+100pt無料キャンペーン中]申込者限定メルマガ【+Plusナビ/開催当日9時30分配信】
└解析データが叩き出す「万券指数ランク」全場公開!
└+Plus予想陣の公開軸馬/穴馬提供!
└現場発+プラスα情報

⇒【+Plusナビ】無料取得はコチラをタップで受付完了

■馬券攻略にピッタリ!編集部コラムは下記をタップ
⇒雑誌UMAJIN編集長・山田「“穴”ライズ」
⇒記者印◎解読リサーチャー・やなせっち「新聞のミカタ」
⇒調教マイスター・ツカショー「調教めがね」
⇒レースビデオ班「青ランプ」

⇒+Plus予想陣の成績丸わかり!「◎○▲解析データ室」

今週のレース一覧

編集部コラム

編集部プロファイル